横浜の駅前でデリヘルで働きませんかと声をかけるスカウトマンの勧誘方法

興味があって横浜にいるスカウトマンがデリヘルに誘う勧誘方法を聞いてみた。ホストだったりヤンキーだったり様々な手法とやり方があったんですね。

*

横浜のデリヘルのスカウトマンは月収数十万円

横浜などでも駅前や街中で一昔前までは数名の集団で黒服などを来て女性にデリヘルの入店を誘うスカウトマンがかなり目立っていたと思いますが、警察もスカウト行為に罰則がなかった為に女性にとってはかなり迷惑な存在でした。

現在はスカウト行為に罰則を設けて『迷惑防止法条例』というのが施行された関係で一見駅前に黒服集団は居なくなった様に見えますが、実際問題として全くスカウトマンは減っていません。
彼らスカウトマンは趣味ではなく実収益として稼げるスカウトマンは横浜のデリヘルを介して毎月数十万円なら安定して収益を上げている為に多少のリスクを背負ってでも仕事としてスカウト行為を続けていると言う訳です。
本来は法令で収益源となる元に制限を加えたいのでしょうが人権問題など様々な要素もあり法制化までは出来ないという事からも、いつも通りの『ザル法』に仕上がったという訳です。
唯一の効果は駅前で『黒服集団が目立たなくなった』という事だけで、私服に着替えて少し知恵を絞ったスカウトマンになっただけですので女性にとっての迷惑度は変わっていないという事でしょうかね。

女性にとって迷惑防止法条例という法律が出来たから安全だといえるのでしょうか?
横浜などの主要駅ならば通勤として利用している女性も多いですよね、怪我なら話は別ですが声をかけられた段階で警察に訴え出ればその場は良しとしても次回そのスカウトマンに逆恨みをされて別の意味で危険を感じるかもしれません。さらに声をかけられたという段階では確実に警察が逮捕できる訳ではないのです。録音していたなら話も別ですが『言った、言わない』は証拠能力に乏しく逮捕なんて到底できませんよね。
最終的には女性が自衛目的で対応するしかないというのが現実的ではないでしょうか。
それならばまずは相手(スカウトマン)の事を知れば自分にあった対策もあるではと思い赤裸々にスカウトマンの収益や仕事内容を情報として記載していきます。
但し、横浜にも短期間でも高収益を上げたいと願う女性もいるだけに騙されないデリヘルへの面接の仕方までを記載します。
しっかり稼ぎたいならスカウトマンの甘い話に乗せられるよりも自分の力で探した方が良いのかもしれません。経済的に困窮していて藁にもすがる勢いであればあるほど、騙されやすい環境を自ら作ってしまっているものなのです。

利用する側の男性であっても同様のことが言えますよね。
自分が楽しもうとするのに誰かの噂に左右されて悪質な店を利用してしまったりというのは当たりようのない怒りと虚しさでいっぱいになります。
横浜のデリヘルで好みのど真ん中にはまるような女性を見つけると案外すんなり見つかるものなのです。
ただし、あまりにも美人すぎるパネル写真には注意が必要なときがあります。その店に在籍している女の子全員がぼかしの全くない写真であれば疑う気持ちを少し持っていた方が良いと言えるでしょう。
横浜のデリヘルというところで働く女の子はほとんどの場合、誰にも知られたくないという心境でいるはずなのです。それなのにどこの誰なのかバッチリわかってしまうような写真を使うということは考えにくいです。バレたくないのならば普通ぼかしを入れたりするものです。この矛盾に気づくことができれば俗に言うパネマジも回避することができるということです。
これだけ情報が流通しているので、パネマジの業者も古い手をいつまでも使うということも考えにくいです。こちらに情報が流れてくる能登同様に、あちら側でもどんどん進化させていくものです。
最近では女の子だけを切り抜いて背景をまるっと違うものに差し替えてしまう、という写真もかなりの進化を遂げているといえます。今までは全て同じ背景だったものが、ある程度ずらしながら似通った風景の違うアングルの写真の上に女の子の画像を貼り付けていたりします。なかなか手の込んだことをしてくるものですね、それでもやはり在籍している女の子の中には背景がぴったりと同じものが混じっているものです。
横浜のデリヘルで女の子を写真で探すときには人物や背景に写り込んでいるものの『影』にも注目すると良いでしょう。女の子の影は右側に短くあるのに背景に映っている建物の影は長く伸びている、なんてことは自然現象の中でもありえないことですから。
いろんなところをしっかりと見てみると、笑えるくらいにおかしい現象が映っていることも少なくないのです。
様々な部分に目が行き届くということは、普段のデリ遊びにおいてもきっと得することになるかと思います。女の子の小さなシグナルにも気づくことができるので、今日は元気がないな、疲れていそうだな、と感じたときにはそっと声をかけていたわってあげると良いでしょう。
普段そんな対応をされることが少ないだけに、嬉しすぎて涙を流してしまうかもしれません。それくらい彼女たちにとって労わりの気持ちというものはありがたいことなのです。
横浜のデリヘルで遊ぶときにはぜひ、感謝の気持ちや女の子の気分が上がるようなことを言ってみてください。その後のプレイにはかなりの期待ができるというものです。そうです、何を隠そう女の子を気にかけて声をかけてあげるということは何よりも自分のためでもあるのですから。そこに気づいた人だけが今までよりもさらに上質なサービスを受けることができるというものなのです。お金を積んでも得ることができない快感を得るためには、こうした気遣いができる男性になることがとても大切なのです。

公開日:
最終更新日:2016/11/13